いよいよ受験シーズン到来ですね。
我が家にも、初めての大学受験を控える高校3年生の息子が、一生懸命受験勉強中なので、志望校の大学などを調査しています。
だいたいの受験校は決まったのですが、その際に参考にしたのが「大学偏差値ランキング2018」でした。
やはり、自分の学力に近い、合格に手の届きそうな学校や学部が知りたいですからね。

オススメサイトはこちら→大学偏差値ランキング2018

2018年の偏差値データというのは、どんどん変化しています。
それに、調査する団体(予備校や受験関連の会社など)によっても、偏差値の数値に多少の際があります。
ですので、大学偏差値だけうのみにするのは危険ですが、大学の偏差値レベルの比較にはなります。
例えば、全国の私立大学をランキングしたものを見れば、医学部では慶應義塾大学の医学部が偏差値76くらいでトップ、とか政治経済学部なら早稲田大学が一番高く74位だ、とわかります。
政経学部で一番なら、文系大学(学部)で全国トップでしょう。
ちなみに、2018年の偏差値の傾向は、どこの大学も変化はないようです。

最新の大学偏差値がわかれば、だいたいの入試難易度や予想受験者数も前年度などから推測できます。
赤本やセンター試験の得点でボーダーラインも推測でき、志望校の絞り込みの判断基準となります。

関連記事

    None Found